メンズ

お墓の建設費用を抑える方法とは|話題の納骨堂に注目しよう

経済的に苦しい場合は

お葬式

お金がなくて葬式を出してやることもできないと嘆く人がたまにいますが、大阪市平野区には低料金の葬儀プランを数多く取り揃えている葬儀業者がいます。この葬儀業者を利用すれば、生活保護受給世帯で誰かが亡くなった場合でも、スムーズに葬式を出すことができます。

Read

新しいタイプのお墓

数珠

日本のお墓といえば、従来は霊園や寺院附属の墓所に家族単位で設置し、代々の子孫が守っていくというのが一般的な姿でした。しかし現在では価値観の多様化から、さまざまな埋葬形式が普及するようになっています。そうした新しいお墓のタイプの1つに、納骨堂というものがあります。納骨堂とは、複数の遺骨を合同で埋葬できる施設のことです。一般的なお墓と異なるのは、建物の中に埋葬区画が仕切られており、それぞれの区画に個人単位(一部夫婦単位などもあり)で遺骨が納められているという点です。規模の大きな施設になると数階建てのビルの中に何百ものロッカー式の埋葬区画が設けられているといったものもあります。運営主体は自治体や宗教法人などさまざまで、NPO法人などが管理しているケースもあります。

納骨堂の最大の特徴は、先にも述べたとおり個人単位での埋葬が可能だという点です。家族と疎遠になっている人、家の墓所と地理的に離れた場所に生活の本拠を築いた人、宗派違いなどさまざまな事情で先祖代々のお墓に入れないという人にとっては大きな助けとなる施設です。なお、多くの納骨堂では埋葬を希望する人の宗派は不問となっています。また、埋葬に要する費用が割安だというメリットもあります。これはたとえて言えば戸建て住宅とマンションの違いのようなもので、納骨堂の方が独立した地所を必要としない分、必要な費用も低額で済みます。具体的な費用の額は施設によりまちまちですが、首都圏であれば平均的な永代使用料が1人当たり50〜100万円、年間管理費が5,000円前後といったところです。子供がいない人のために、管理費を含めたすべての費用を生前に前払いできるタイプの施設もあります。

人気のお葬式

葬儀

藤井寺市でお葬式をする場合は、葬儀者に見積もりをもらうことをお勧めします。藤井寺市の葬儀社では、予算に応じて家族葬や一日葬などが出来ます。家族葬も一日葬もコストを抑えてコンパクトにできるので人気があります。

Read

さまざまな葬式

棺桶

故人とのお別れの仕方もいろいろあります。規模が大きいものから小さいものまであり今注目を集めているお別れの仕方が家族葬です。この葬儀の需要の高まりから門真市では家族葬に特化した葬儀業者も現れてきています。

Read